★無線・ラジオの修理調整情報が満載
TOP >知的電子実験 > ラジオのテストオシレータを作ろうプロジェクト~技術の進歩は凄げぇ、ゾ!編

ラジオのテストオシレータを作ろうプロジェクト~技術の進歩は凄げぇ、ゾ!編

寄り道..横道..(^^;;  スイッチドキャパシタフィルタで正弦波をつくるゾ..の巻

・前回の最後に『面白い石を見つけた』って書いた通り、今回はMAX7401/7405をイジッてみます。

・オペアンプのフィルターが電圧降下に弱い事が気になっていて、何か良い石ないかな…ってMAXIMのWebサイトを徘徊していた訳です。
 そしたら、『スイッチドキャパシタフィルタ』ってデバイスカテゴリに遭遇したわけです。

・機能としてはデジタルフィルタの一種、どうせ制御にはマイコンが必要なんだろ?…って思いながら仕様を斜め読みすると、8PinDipってお手軽パッケージ、しかも基準クロックは内蔵又は外部から供給って書かれてる。

こ・れ・は・結構便利かもって直感が囁いたですよ。
 早速サンプルを要求して、仕様書に書かれてる回路を組んでみます。
 IC一個と0.1uFのコンデンサ二個ですよ、簡単過ぎで半信半疑です。

MAX7401/7405 で888Hzの波形整形をやります

・こいつに何をやらせたいかって言うと、オペアンプにやらせていた波形整形をやらせてみたい訳です。
 要するに、888Hzの矩形波を正弦波にしたい訳です、高調波を取り除く訳です。

・で、前回作った455kHz発振回路には、幾つかのクロックが出てるんで、実験してみたいと思います。

・入力端子には888Hzの矩形波を入れて、クロックは910kHzを入れてみると多少肩の鈍った波形が出てきます。

・へぇ~、こんな動きするんだぁ、んじゃクロックを113kHzにするとこんな波形が出てきます。

綺麗な正弦波が出てきています、オペアンプのフィルターなんかめじゃないぞって感じですよね。

・クロックを更に落とせば帯域が狭くなるから、振幅が落ちてくるのかな、半分にしてみます。

すぐれモノ! MAXIM MAX7401/7405 スイッチキャパシタフィルタ

・単純な信号の場合だと結構使える事がわかった。
 電源電圧を落として行っても、3.0V付近迄持ちこたえてくれるし、3.3Vもあれば正常な波形を出してくれる事がわかった。

・前回作ったフィルターなんか、青くなって逃げ出しそうですよ。
 価格も一個\200程度なので…採用したいんだけど、入手性がどうなんだろう、それが最大の問題だわ

・あとは、実際に音声信号を入れて聴いてみて、受信回路のAFフィルターに応用可能かを見極めたいなぁ。

・面白い石が沢山あるんですよねMAXIMって。

・妄想癖の強い筆者はまたまた、昼間から妄想しちゃいました。
 こいつに、100kHz~500kHz位の可変OSCを組み合わせたら、面白いAFフィルターになるよなぁ~、、、、って。
 そのくらいのOSCなら、555で簡単に実現で…(以下省略、、、。
 
 先に テストオシレータを完成させなさ~い!。 

(^^;;; kazu

(ken)

ラジオのテストオシレータを作ろうプロジェクト INDEX

< 前へ