★無線・ラジオの修理調整情報が満載
TOP >知的電子実験 > 今は亡き「100円FMラジオ」でAMを鳴らそう作戦!!

探し物~知的電子実験

今は亡き「100円FMラジオ」でAMを鳴らそう作戦!!


yyさんのお便りを喜んで読んでいるところ(kazu)

東京のyyさんからのお便り

100円ラジオ

東京都のはずれに住むyyです。
知的電子実験の「100円ラジオの効用 」で、「AMの機能は使っていない」と触れられていましたが、この100円FMラジオに数点の改造を加えたところ、良好にAMも聴取できるようになったのでレポートします。

オリジナルLA1800と、100円ラジオのICの違い

サンヨーLA1800のデータシート

LA1800画像をクリックすると大きくなります

オリジナルは、サンヨーのLA1800です。100円ラジオのICは、オリジナルの22ピンより、2本多い24ピンです。
↑のデータシートで言えば、ICの右端に両サイドに1ピンずつあり、若干長い。
接続ピンは以下の通りです。
■100円ラジオの1~11ピンは、オリジナルの1~11と同じ
■100円ラジオの12、13ピンは、NC(ノーコネクト)。オリジナルには無し
■100円ラジオの14~24ピンは、オリジナルの12~22ピンと同じ

AMラジオへの改造

 24ピンと、3ピン(VCC +3V)の間に、AMの同調回路(LとVC)を接続する

バーアンテナ

プリント基板

 23ピンと20ピン(アース)の間に、0.47uF(474)を接続する

 17ピンのジャンパーを切り、FM/AM切り替えスイッチを接続

 8ピンと3ピン(VCC +3V)の間に0.01uFを接続(精神安定剤がわり?)

以上4カ所の改造後に、両呼応にAMラジオが受信できます。

(yy)

早速実験してみる

ガラグタ箱から探し回って無惨(笑)な姿のラジオを見つけた(^^;;





私のは、改造以前の問題(音声が出ない)でトホホの結果でした(^^;;;
yyさんゴメンなさい。

(kazu)