★無線・ラジオの修理調整情報が満載
TOP >知的電子実験 > 特報!!~大阪日本橋で「7mm角IFT・局発コイル」が買える!!

おっとっと。。ラジオ1番

特報!!~大阪日本橋で「7mm角IFT・局発コイル」が買える!!

なぜか?大阪日本橋のどこの部品屋さんを回っても、IFTと局発コイルは10mm角のしか置いてませんでした。

それが、デジットの店長さんが、ラジオオタクの願いを聞いてくれて、日本橋で、7mm角のIFTと局発コイルが入手できるようになりました!!    感謝感謝

なぜ7mm角が良いのか?というと、安価な汎用基板(ユニバーサル基板)の穴の間隔が2.54mmピッチだからです。サンハヤトから、10mm角用の専用基板(斜めに刺す)も出ていますが、高価です。私のように不器用な者にとって、専用基板はもったいないです。朗報ですよ、これは...

それまでは、上京した際にアキバのラジオデパートにある、シオヤのおじさんとこで買い込みますが、失敗が多く追いつきません(笑)。それに、こんな部品を手荷物に入れていると、羽田空港のゲートで必ず止められます(^^;;;

赤コイル(局発)、黄コイル(初段用IFT)、白コイル(段間用IFT)、黒コイル(検波段用IFT)

前が7mmコイルのセット。後ろが10mmコイルのセット。大きさも、ピンの間隔も違う

局発コイル(OSC)と、中間周波トランス(IFT)は、トランジスタスーパーラジオの製作に絶対欠かせない部品です。

以下は、デジット(共立電子産業)に潜入レポート...(笑)

以外にも(失礼!)若い女性客もよく見かける...イイ感じだ。

↓デジットの入り口。さあ買うぞ!!   潜入開始

↓店内に入るとスグ、段ボール箱に山盛りのジャンク基板が... フロアは広い。奥に長い。

↓脇目もふれず一直線に進むと、無線・ラジオオタクの殿堂!!。
高周波コーナーが。FCZコイルは、7mmでシリーズが揃っている。40KHz電波時計用の同調コイルもあり。佐賀局用の60KHzは無いのか?と、突っ込みを入れたくなる。

ありましたよん!!7mmコイルが...
隣に10mmコイルも並んでいる。

反射的に買いダメしてしまった。  ~いつでも買えるのに...(^^;;;

一押しのバー・アンテナ。配線がラクになる。性能も悪くない。

もちろん、定番(あさひ通信)バーアンテナもあります。SL-55X、SL-55GT、SL-SL-50GT、PA-63Rなど、ラジの製作本では定番です...あさひ通信ってなんの会社だったかな?

バーアンテナのホルダーも安価でこの通り。泣かせるねえ~~

バリコンも、新品もジャンクも盛りだくさん。全部欲しい(笑)

ちょっとピンボケですが、単連ポリバリコン(PVC-1相当 ストレートラジオ用)、2連ポリバリコン(PVC-2相当 スーパーラジオ用、トラッキングレス)も、ちゃんと置いてます。

バリコンのダイヤルつまみや、金具などなど...もう絶叫です。

高周波数コーナーには、こんなワケワカラン部品も10円で...(笑)

コアボビン、シールドケースなどなど..無線機の自作に欠かせない部品も豊富だ。貫通コンデンサもある。デジット、恐るべし

潜入成功!!無事帰投しました。

大阪日本橋は、私のような無線・ラジオオタクにとっては"夢の町"でした。
東京の秋葉原にはかなわないけど、関西に住んでいる者にとっては電車で行ける電気の町は大変貴重です。最近は、電子部品を並べている店がめっきり少なくなりました。特に高周波を扱っているところは非常にに少なくなり、寂しい限りです。
そんななかで"デジット"は大変貴重な電子パーツの店です。
・場所は日本橋筋の4丁目(たしか?)の交差点から東へ
・特徴は、元気のイイ兄ちゃん店員が、キビキビと親切に案内してくれる
・BGM(FM851?)がやたらやかましい(笑)
・高周波に限らずジャンルが広い...

デジット営業所 (共立電子産業)
ホームページはこちら↓
http://digit.kyohritsu.com/
↑リンク切れをおこしてました。m(_ _)m
【営業時間】10:00~20:00
大阪市浪速区日本橋4-6-7
【TEL】(06)6644-4555

(kazu)