★無線・ラジオの修理調整情報が満載
TOP >知的電子実験 > テストオシレータをつくろうProject ←←ラジオの

探し物~知的電子実験

テストオシレータをつくろうProject ←←ラジオの

安価で自作できる。ラジオ入門にバッチリ!
radio1ban 技術部(知的電子実験スタッフ)が、
ラジオをこよなく愛すマニアに送る...

ラジオのテクとオシレータ基板 -知的電子実験-

ラジオいじりの何が楽しみって、やっぱり”調整”ですよね。真空管ラジオもトランジスタラジオも、スーパーヘテロダインラジオは、調整ひとつで性能が決まります。

IFTの調整をするには 455kHz、MWラジオのトラッキング調整には 600kHz と 1400kHz の信号が必要です。それに、1kHzあたりの「ピ~」という変調された信号が欲しいところです。

SSGやオシレータは市販されてるけど高価だし、オークションで落札しても動作するか不安で手が出せない...

というラジオマニアの方に絶対おすすめのテストオシレータを作りました。

ラジオのテストオシレータの主な機能

・ラジオのIF調整及びトラッキング調整用発振器(周波数固定式)
・発振周波数:
正弦波で下記の周波数
455kHz (IF調整用)
600kHz及び1500kHz (MW帯ラジオのトラッキング調整用)
4MHz及び12MHz (SW帯ラジオのトラッキング調整用)
※出力の信号レベル可変式
・変調:
888HzのAM変調
※変調度は可変式
・電源:
電圧 DC4.5V~5.5V
消費電流 約17mA
・特長
組み立て後のオシレータ自体の調整が簡単(数カ所の電圧調整のみ)。
プログラマブル水晶発振器仕様のため発振周波数の精度が高く、安定。
信号レベル、変調度を可変できる。
消費電流が少ない。
汎用部品を使用しているので材料費が安価で済む。

まずは ken の記事をご覧下さい。

知的電子実験は、ご覧いただくみなさんに絶対有益だという情報は惜しみなく公開します。完成回路図も公開しています。

テストオシレータをつくろうProject ~目次~