★無線・ラジオの修理調整情報が満載
TOP >知的電子実験 > 裏方の働き者~「コンピュータ・ケーブル」の話(波形付き)

jamasuruze!

裏方の働き者~「コンピュータ・ケーブル」の話(波形付き)

・今回はケーブルの話を…。
 サーバやパソコンとHDDの間でデータをやり取りするには、従来から用いられてるパラレル方式と
 高速伝送を実現する為に開発されたシリアル方式があります。
 シリアル方式は二種類あって、電気的信号で伝送するSAS( Serial Attached SCSI )/SATA(Serial-ATA )
 方式と、信号を光に変換して 光ファイバを使って伝送するファイバチャネル( Fiber Channel )があります。
・今年に入ってからSerial ATAも徐々に普及して来ましたが、高性能を狙ったハイエンド製品が多く、
 一般的にはパラレルATAがまだ多いと思われます。
・そこでパラレルATAのケーブルの話を( 地味ですがなにげに働き者です、ケーブルって )…。

パラレルATAケーブル

・パラレルATAケーブルには二種類あります。
上が40芯ケーブル、中段と下段が80芯ケーブル。
・何が違うか…外見もそうですが、使用出来る転送速度の上限値が違います。
40芯ケーブルはUltraDMA-33迄であり、それ以上の高速転送をすには80芯ケーブルを使用します。
・もしも誤って40芯ケーブルを使ってUltraDMA-100の転送をするとどうなるか?
データ化けが起きてしまい正常に読み書きが出来ないでしょう。
但し、一部のパソコンにはBIOSがケーブルのタイプを検出して、転送速度を制限するものがありますので、一見正常に動作してる様に見える事があります。

パラレルATAケーブル

CableSelect 用のカット、決して不良ではないです(矢印箇所)

ケーブルセレクト機能について。

 最近のIDEインターフェースにはケーブルセレクト機能が付いていて、接続したコネクタの
場所によって自動的にマスター/スレーブが割り当てられます。
しかし、この機能を利用するにはケーブルの36番信号をPCの手前で切断しなければなりません。
簡単に言うと起動時にHDD同士が通信してどちらがマスターになるかを決定する仕組みです。
・下段のケーブルは青いコネクタ近くで線が切れていますが、中段のケーブルは切れていません。
HDD側のジャンパーをマスター/スレーブとしてきちんと設定すればどちらのケーブルでもきちんと
動作しますが、HDD側のジャンパーがCableSelectにセットされていて、中段のケーブルを使った
場合、二台接続しているのに一台しか認識しない、またはどっちも認識しないなんて事が起きます。

ケーブルの流れる信号の波形~一般公開!

↓・40芯ケーブルで1ビットだけ駆動した場合の波形。
何だまだまだ行けそうな気がしますね。
・転送モードはUltraDMA-33です。

UltraDMA

↓・上と同じ条件でUltraDMA-100の転送をした場合
・お、なかなか頑張るじゃん?って感じです。

UltraDMA

↓・ならば半分の8ビットを駆動すると…。
何だか波形が暴れて来てヤバそうな気配です。
・赤のライン、DD-12は"0"に固定してるんですがクロストークの影響をうけてうねりが出ています。

UltraDMA

↓・左と同じ条件でUltraDMA-100の転送をした場合
・もうこうなるとデータ転送どころではないですね。
・CRCエラー続出でWindowsが驚いて青くなります(俗に言うBlue Screen)。

UltraDMA

↓・80芯ケーブルで1ビットだけ駆動した場合の波形。
・転送モードはUltraDMA-33です。
40芯ケーブルと較べて波形の肩の崩れ方が少ないです。

UltraDMA

↓・80芯ケーブルで1ビットのみ駆動、UltraDMA-100の波形。
・DD-12のノイズが抑えられていますね。

UltraDMA

↓・80芯ケーブル8ビット駆動、UltraDMA-33の波形。
・40芯ケーブルと較べてその差歴然です、安心して見ていられます。

UltraDMA

↓・80芯ケーブルで8ビット駆動、UltraDMA-100の波形。
・DD-12のノイズが増えてきていますがまだ許容範囲です。

UltraDMA

ケーブルに対する”正しい”知識

・ケーブルによってこれだけ伝送波形が違って来ますので、ケーブルの選択は重要です。
・以前何かの雑誌( Dxx/V Mxxxxzin )でケーブルのブランドで性能に影響するのか?と言うお題目
でベンチマークを実施した記事を見かけました。
結果の正確な記憶はないのですが、”xxxのケーブルの方が性能が良い”って結びで記事が終わっていたような気がします(←何寝言書いてるんだか…byワタシ)。
・リトライが発生するほど性能の悪いケーブルであればベンチマークが完走する前に何かしらのエラーでストップするか、イベントビューアに赤い警告が出まくる筈。
転送モードが違えば大きな性能差になる筈だがそんな結果ではなかった。と言うことははちゃんと信号が伝達されていた事になるので、エラーは起きていないと言う事になります。
ケーブルによる性能差ではなく、測定誤差がケーブルの差として見えたんであろうと思われます。
・何を言いたいか…”ちゃんとしたケーブルであればメーカーによる性能差は起きえない”です。
勿論接触不良などの組み付けミスが無いことが前提ですが。

(ken)

それにしてもプロの使う測定機(↑のオシロ)ってスゴイの使ってますねえ..うちのオンボロオシロと大違いだ(^^;; (kazu)

PAGE TOP HASHIKKO